2020
↑↑クリック↑↑  ご購入はこちらからどうぞ
地球家族
自然と微生物研究所
 当研究所では、LOHASな、他では手に入らない、オリジナルな商品を中心に紹介します!
LOHAS( Lifestyles of Health and Sustainability) 「健康と地球環境」 健康や環境を重視 した新しい価値観と意識の高いライフスタイル。
 

ツボクサ茶  ・  茯茶(フーチャ)  ・  蓮の花茶
健康や環境を重視 した商品です。


    現代人に一番必要なお茶さんたち


 ツボクサ茶 GotuKola
現代人が最も必要とする目と頭の活性化

アーユルベーダーの薬草で、
若返りと頭を良くすることで最高の評価をされているハーブです。

宇宙神ブラーフマンの知識を助けるという名前が付けられています。

パソコン、
TV、携帯電話等、目の疲れ
頭脳にも右脳と左脳のアンバランスがひどくなっています。

目と頭脳の活性化に最高の薬草です。

白内障や知恵遅れ、アルツハイマーにも効果が認められています。



私が使っても効果が感じられます。

目がすっきりする感じがします。

ツボクサさん ありがとう!

最近では、
世界保健機構(WHO)が、 保存する必要のある重要な薬用植物の一種に、
ツボクサを推奨しているそうです。

インドでは、
知能及び記憶力保持の向上に役立つとして、 使用されているそうです。
受験生が使っているそうです。

インドでは、九九以上の3桁の掛け算も暗記するそうですが こういうところにも秘密があるのかもしれません。

チャカラという古典には老化防止に役立ち、 脳の強力な強壮剤になると書かれているそうです。



やはりただものではありません!

ツボクサは、

野生のトラが、

けがををしたときに身体にすりこむという言い伝えから

「タイガーハーブ」とも言われているそうです。

シャーマンは、自然をよく観察しているんですね。

すべての答えは自然のなかにあるというのも頷けます。




すごい情報を入手しました!

これです。


中国の伝説的なハーバリストのLee Chingyuenさんは、言い伝えによると、

1933年に256歳でこの世を去ったそうですが、
長寿に一番必要なハーブは【ツボ草】と言ったそうです。
中国名:GotuKola ゴトコラ


下記の情報を入手したので公開します。
GotuKolaはツボクサのことです。
英文を見てください。



Li Ching-Yuen

Li Ching-Yuen in 1927 Probably the most famous proponent and user of Gotu
Kola (known in China as fo-ti-tieng) is the celebrated Chinese herbalist
and Daoist master (Dao yin or internal health practices) Li Ching-Yuen,
born in 1677, who survived twenty-three (23) wives and died on March 5,
1933 (as reported by the New York Times and London Times) at the age of 256
years. This was officially recorded and confirmed by the Chinese
government, and aroused so much interest in France, that the government
there established an experimental laboratory in Algeria to study Gotu Kola.
The English government also provided a grant to a college research
foundation in Colombo, Ceylon to study this herb.

Born on 1677 in Chyi Jiang Hsie, Szechuan province and later moving to Kai
Hsien, he joined the Chinese army of provincial CinC Yueh Jong Chyi at the
age of 71, as a tactical advisor and teacher of the martial arts, though he
spent most of his life in the mountain ranges gathering herbs and knowledge
of longevity methods.

In 1927 Li Ching-Yuen was invited to Wann Hsien, Szechuan by General Yang
Sen who was fascinated by Li's remarkable youthfulness, strength and
prowess in spite of his advanced age. The enclosed photograph was obtained
there. After Li's death, the General investigated his background to
determine the truth to his claimed background and age, which led to a
report that was later published. Returning home, he died a year later, some
say of natural causes, while others claim that he told friends, "I have
done all I have to do in this world. I will now go home." With these words
he lay down upon his couch and allowed his spirit to depart through sheer
willpower.

People interviewed from his home province in 1933 remember seeing Li
Ching-Yuen when they were small children, and that the master had not aged
much during their lifetime. Others reported that he had been friends with
their grandfathers. The truth of his long life died with Li Ching-Yuen and
is one of those inscrutable Daoist mysteries that may never be solved.

An interesting sidelight was thrown upon the unique properties of
fo-ti-tieng (Gotu Kola) by a 107 year old Indian sage named Nanddo Narian,
who claimed that the herb provides the missing ingredient in a man's diet,
without which, he can never control disease and decay. He found it to be,
in practice, the finest of all herbal tonics and nutrients.

The results of the studies performed upon Gotu Kola by the French in
Algeria revealed what appears to be a new vitamin not known in any other
food or herb. It was described as the "youth vitamin X" that exerts a
rejuvenating influence upon the ductless glands, the healthy functioning of
which is, the means by which the brain and body are maintained for healthy
activity.
//////////////////////////////////////////////////////////////

上記を機械で英訳すると下記になります。


李清-イエン

李清1927年イエンおそらく最も有名な主唱者とユーザのgotu
コラ(中国として知られてFOの- ti - tieng )は、著名な中国の漢方医
とdaoistマスター(ダオ陰または内部の健康慣行)李清-イエン、
生まれ、 1677 、 who生き残った23 ( 23 )が死亡した妻や3月5日
1933年( 『ニューヨークタイムズ』紙で報告されたとロンドン回) 256歳の時に
年間です。これは公式に確認された記録して、中国語
政府は、多くの関心と興奮してくるのでフランスでは、政府は、
アルジェリアの研究所で実験的に設置し、コラgotuを勉強する。
政府はまた、英語を提供し、大学の研究助成金
コロンボ財団は、このハーブセイロンを勉強する。

江主席chyiに生まれて1677でhsie 、四川省およびそれ以降の移動を改
賢、彼は参加して中国軍の総司令官yueh省は、ジョンchyi
71歳の、戦術的なアドバイザーと教師としての武道、かかわらず、彼
彼の人生のほとんどが使用済みの山ハーブの収集や知識の範囲
長寿の方法を使用します。

1927年に李清賢wannイエンが招待され、四川料理を総合ヤン
センwhoは、李の顕著な若さに魅了され、強度と
見事な腕前にもかかわらず、彼の高度な年齢です。同封の写真が得られた
そこに。李の死の後、彼の背景を調査全般
真実を確認するに彼の主張の背景と年齢を主導して
報告された後で公開します。家へ帰って、彼が死亡した一年後に、いくつかの
言ってやるの自然が原因で、それ以外彼は友達と主張して、 "私は
私はこれを行うに行わすべてのこの世界です。私は今すぐ家に帰る。 "これらの言葉
彼は彼の下に置く時ソファや薄手の可を通して彼の精神を出発
意志のです。

彼の家の人々のインタビューから李省は1933年に覚えている
チン-イエンときに彼らは小さな子供、老人なかったとは、マスター
生涯の中にくらいです。他人と友達に報告されていた。
そのgrandfathersです。彼の長い人生の真実が死亡したと李清-イエンと
それらの1つの謎は不可解なことがあります決してdaoist負わないものとします。

興味深い側面がスロー時のユニークなのプロパティを
FOの- ti - tieng ( gotuコラ)された107歳のインディアンセージという名前のnanddo narian 、
who行方不明と主張しているハーブの食材を提供して男のダイエット、
せずに、彼は決して病気や減衰制御します。彼はそれを、
実際には、最高級のすべてのハーブtonicsや栄養分をします。

実行時の研究の結果をコラしたのは、フランスでgotu
アルジェリア明らかにどのような表示される新しいビタミン知られていないその他の
食べ物やハーブです。それが記述され、 "若者のビタミンx "のことを発揮する
心身ともにリフレッシュする腺導管のない影響を及ぼすのは、健全な機能
これは、その意味では、脳と体の健康維持
活動です。




繰り返します。

長寿の秘密は?【ツボ草】を推奨したそうです。





■追加の新情報です。

「ツボ草」は、下肢静脈瘤を改善するそうです。

理由は、

毛細血管の血流を増加する作用が確認されているからだそうです。

下肢静脈瘤って、足のふくらはぎのなどの血管がボツボツとふくらんで
いる症状ですよね。

けっこう多くの方がいるそうですね。

それが、手術もしないで、少しでも改善できればいいですよね。





こんなにいいもの忘れていました!ツボクサ

何にいいかって、
これから書きますが、

私は、どうも最近、

目がすっきりしませんでした。

眉間にしわがよるような感じもしました。

朝、起きても頭がすっきりしない感覚がありました。


原因は、わかっています。

パソコンのやりすぎです。

画面の見過ぎです。

目が疲れている感じがします。



私ははじめて目薬を買いました。

目薬を差すと、
その時はいい感じですが、そんなに長続きはしませんね。

何かいい物はないかな〜

何かいい方法はないかな〜


そうだ!

思い出しました。

身近にありました。

忘れていました。

一般の人で知っている人は少ないと思います。


インドのアーユルベーダーの薬草で、
若返りと頭を良くすることで最高の評価をされているハーブです。

宇宙神ブラーフマンの知識を助けるという名前が付けられています。

パソコンや
テレビ、携帯電話等で、目の疲れ
頭脳にも右脳と左脳のアンバランスがひどくなっています。

目と頭脳の活性化に最高の薬草です。

白内障や知恵遅れ、アルツハイマーにも効果が認められています。

これです。↓

つぼ草はこのような形です 
アーユルベーダー最高の薬草です。
若返りと頭を良くすることで
最高の評価をされているハーブです。
白内障やアルツハイマーにも効果があるそうです。
 

つぼ草は左右の脳の形をしていると言われているそうです。
葉っぱのしわがそのように見えませんか?
ほぼ原寸大です。↓








 茯茶(ふー茶)
   
1ケで1Lのお茶ができます。

茯茶(フーチャ)、中国北西部で肉食を常食とする遊牧民が、
今も愛飲している非常にすぐれた健康茶です。


茶葉は学術名「カメリアシネンシス」を後醗酵させたお茶です。

醗酵を20数回繰り返し、製造に1年から1年半かけてつくられた貴重なお茶です。

茶葉が醗酵する過程で、「金の花」(酵母菌の1種)がつくられ、
人体に不可欠な必須アミノ酸、ミネラル・食物繊維が豊富に含まれています。

肥満や不規則な生活の方、脂っこい食事・肉食中心の食事・野菜不足、
便秘がちの方などにお勧めします。

アミノ酸パワーでダイエット効果があります。

まろやかな味で、とても美味しい中国茶です。
    
  

      
 蓮の花茶

日本ではまだほとんど入手できない珍しいお茶です。

 
清浄で高貴な花愛、カ強さ・優しさ・寛容さ・豊かさ・誠実さを示し、
 幸せを運んでくれるといわれる蓮の花め「つぼみ」をそのままお茶にしました。

 日本ではまだほとんど入手できない世界でも珍しいお茶です。

 ビタミン、ミネラル、核酸、酵素、βカロチンを豊富に含み、新陳代謝を高め、
 循環器系と内分泌の調節に重豊な働きをします。

 中国では美容に良いとされ、肌が潤いと柔軟性を取り戻すためぷりんぷりんのお肌に…。

 深めの皿にお湯を注ぎ静かに指で開いていくと、
 直径20センチくらいの大輪の蓮の花がテーブルの上に咲きます。

 ★その後、やかんで煮出して下さい。

 ほのかに甘い蓮の花茶(エキス)をお楽しみください。

 お歳暮や贈り物に最適です。
     
   
  
   


 蓮の花芽「つぼみ」を
そのままお茶にしました。

珍しいビタミンを含有し、
心を静め皮膚をつややかに、
新陳代謝を高め、
循環器系と内分泌の調節に重豊な働きをします。

蓮の花茶 このようになります。
      蓮の花
 
お歳暮や贈り物に最適です。

日本ではまだほとんど入手できない
珍しいお茶です。

  
「地2020
↑↑クリック↑↑    ご購入はこちらからどうぞ
地球家族
自然と微生物研究所

         

総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集







 地球家族2020公式サイト